活動ブログ

子どもたちなりの楽しむ術

 

バイオリンのおにいさんの絵

江東区の保育園から、お礼のお手紙が届きました!この絵は、その中の1枚。
「ヴァイオリンのおにいさんが弾き終わったところ」だそうです。

楽しい曲では、子どもたちの目を見ながら、ニコニコ笑顔のアーティストたち。
この絵を見て、曲が終わる瞬間が目に浮かんできました!
もしかしたら目があったのかな?きっと曲のワクワクと一緒に心に残ったのだと思います。
素敵な絵をありがとうございました!

お母さまたちからのお手紙の中には、こんな言葉がありました。
「最初の第一音で、身震いのする、体に響く音を聴かせていただきました。
そうだ、これが本当に音色なんだ、と気づかされました」
「普段クラシックには馴染みのない子どもたちですが、子どもたちなりに楽しむ術を知っているのだな、と感じました」

“生の音”つまり空気の振動で、子どもたちは自然と体が動いたり、手を叩いたり、口ずさんだりします。
子どもたちがもともと持っている「楽しむ術」を発揮できる機会をたくさん作っていきたいと思います。

森下保育園の皆さま、本当にありがとうございました!

もっと活動を知りたい!応援したい!そんな方は

▼ サポーターズクラブのご案内
http://www.minkoto.org/support/supportersclub/

メール会員(月0円)のほか、月額500円~のプランを用意しています。応援・参加をすることで、活動で生まれる感動や「ありがとう」を一緒に受け取っていただけます!