活動ブログ

音楽の力!映画「陽のあたる教室」

 

陽のあたる教室 ※画像をクリックするとamazonの商品ページへリンクします

こんにちは!インターンの田野倉です。
今週も、「音楽の力」を感じさせてくれる映画をお届けします。

今回は、1995年公開、スティーブン・ヘレク監督の「陽のあたる教室」をご紹介します。

リチャード・ドレイファス演じる主人公ホランドは、作曲家を目指していますが、 収入を得るため、高校で音楽教師をはじめます。はじめのころは、教師という仕事を嫌々していたのですが、 生徒たちと交流していく中で、教える喜びを見つけていきます。

30年間の教師人生最後の日、それまでの教え子たちがサプライズで学校に集まり、 ホランドが作曲した交響曲を演奏します。
教え子の中には、州知事になった女性がいましたが、 学生時代、彼女はコンプレックスを抱える女の子でした。 何か1つでも自信を持てるものがほしいと、クラリネットを熱心に練習しますが、 いくら練習しても上達せず、途中で諦めようとしてしまいます。 しかし、ホランドは彼女を励まし、「ハートで演奏するんだ」と根気強く教え続けます。 やがて、彼女は演奏会で堂々と演奏できるまでになりました。

30年経ってホランドの前に現れた彼女は、自信に満ちあふれた表情をしていました。
クラリネットの練習は、演奏を上達させただけではなく、彼女の人生を変えたのでした。

印象的だったのは、ホランドが彼の息子のためにコンサートを開いた場面です。
ホランドの息子は生まれつき耳が聞こえず、 その事実から逃れるように、ホランドは仕事に没頭していました。 そのため、2人の心はすれ違うようになっていきます。 そこで、ホランドは息子を含めた聴覚障害者の人々のためにコンサートを行います。 ホランドは体全体で音楽を感じられるように配慮し、 彼の息子は体全体で、ホランドの気持ちを受け取り、 このコンサートをきっかけに2人の仲は良好になります。 耳が聞こえなくても、音楽を楽しむことはできるのですね。

ホランドは結局、憧れていた作曲を仕事にすることはできませんでした。
しかし、1人の音楽教師の30年間を描いたこの映画は、 1つ1つの何気ない出来事がドラマなのだと気づかせてくれます。
この映画を見て、皆さんも日常の小さなドラマを見つけてみて下さい。

▼Facebookページではコメントを受け付けています!
ご感想や「音楽の力」を感じるお気に入りの映画をぜひ教えてください。
http://www.facebook.com/minkoto

もっと活動を知りたい!応援したい!そんな方は

▼ サポーターズクラブのご案内
http://www.minkoto.org/support/supportersclub/

メール会員(月0円)のほか、月額500円~のプランを用意しています。応援・参加をすることで、活動で生まれる感動や「ありがとう」を一緒に受け取っていただけます!