スペシャルコンテンツ其の2:アーティストの1日

みんなのことばアーティストの1日に密着!


2018年6月に行われた【みんなのことば東北ツアー】の1日に密着!
おねえさん・おにいさんとして活躍するアーティストの1日の流れや、知られざる横顔に事務局長 フクシマがフォーカス!

 


こんにちは!
みんなのことば事務局長のフクシマです。

みんなのことば(通称 みんこと)では普段、東京・神奈川・千葉・埼玉を中心に幼稚園・保育園へコンサートをお届けする活動をしています。
さらに、個人や企業などさまざまな方からご支援をいただき、なかなか”本物の音楽体験”をすることができない地域にもコンサートをお届けしています。
今回はそんなみんことの活動の魅力をお伝えするため、2018年6月に行った「みんなのことば東北ツアー」の1日に密着ルポを大公開します!

2018年6月某日。
東京から新幹線こまちにゆられること1時間半。気がつくとそこはもう仙台。
みんことでは今までに何度も宮城県を訪れ、いろいろな地域を訪問しています。
今回の東北ツアーでは塩釜・名取エリアから東松島に至る計7カ所を2日間にわたり訪問し、コンサートをお届けしました。

アーティスト・スタッフもぞくぞくと仙台駅に集合します。
ツアーなどの旅では、全国の多くの地域にみんことのコンサートをお届けするだけでなく、たくさんのその土地の人びととの触れ合いや、アーティスト同士の絆を深める大切な時間でもあります。

仙台駅から各会場への移動には2台の車に分乗し向かいます。
楽器や荷物を積み込み、いざ出発!
車内では現地の情報やタイムスケジュールなどを共有し確認する貴重な時間。
終始、和気あいあいとした雰囲気の中、仙台市街から塩釜までの道のりを進みます。

園に到着し、休む間もなくリハーサル開始!
会場の響きや子どもたちとの距離感などをみんことチェリストでありアートマネージャーの横溝宏幸(ひろゆきおにいさん)を中心にチェックに余念がありません。限られた時間の中で細かなハーモニーなどを最善を求めできる限り試行錯誤します。
傍から見ていてもかなり緻密でシビアな作業が続きますねぇ。

本番直前、セッティングの最終確認は事務局長である僕の大切な仕事の1つ。
アーティストさん一人ひとりのこだわりに合わせて譜面台や、イスの配置を調節します。

ドキドキ。。。緊張の瞬間です。開演直前、子どもたちの待つ舞台に向けて気持ちを集中させています。

いざ、コンサートへ!精神統一。
子どもたちからの呼び込みを待つゆうきおにいさんの横顔は真剣だ。

そしてコンサートが始まります。
先ほどまでの真剣な雰囲気とは打って変わって、その表情はまさにエンターテイナー!
表情と身振り手振りを駆使し、子どもたちはもうおねえさん・おにいさんにくぎ付け!

コンサートが始まってしまうと僕ができるのはここまで。あとはコンサートが無事終わるよう見守ります。
それでも、気がつくと思わず子どもたちと同じ目線でコンサートを楽しんでしませてくれるのが、みんことアーティストのすごいところ!

コンサートが終わると、次の訪問先に向け準備です。
園を出ようとするアーティストたちを子どもたちが教室の外まで出て並んでお見送り。
アーティストたちも手を振って別れを惜しみます。

昼食!
2件目のコンサートまでの短い時間にみんなで一緒にランチタイム。
ここでもさまざまな意見が飛び交い、次のコンサートに向けたブラッシュアップが行われます。

昼食を終え、次の会場へといざ出発!
ひろゆきおにいさんはチェロだけでなく運転も担当します(ここ重要!by横溝)。
今日も安全運転でお願いしま~す!

次の保育園では素敵なたなばた飾りがお出迎え。

そういえば仙台と言えば七夕まつりですよね。いつか行ってみたいなぁ・・・。

司会のなつきおねえさんによるお話しが始まりました。
なつきおねえさんはリトミックのプロフェッショナル!子どもたちをお話しと手あそびで楽しませ盛り上げます。

ウォーミングがすんだところで、いよいよコンサートがスタート!

今日2件目のコンサートも変わらず全力投球のおねえさん・おにいさん。

ひろゆきおにいさんの首が折れてしまわないか心配です・・・。

2件目のコンサートも無事終了!
バックステージへ戻ってからも手を振り続けるゆうきおにいさん。
こういう意識が子どもたちの心をつかむんだろうなぁ・・・。

コンサートの後は子どもたちがフェンス越しに車が見えなくなるまでお見送り。
いや~、おねえさん・おにいさんたち、完全に子どもたちの心をつかんでますね!

本日3件目のコンサートは、海沿いから少し離れた高台に建てられた野蒜が丘中央集会所。
東北の旅では、幼稚園・保育園だけではなく、集会所や福祉施設などでの地域の方向けのコンサートも行っています。

平日の夕方にもかかわらず、たくさんの地域の方々に集まっていただきました!
アーティストによる間近での演奏に、子どもからお年寄りまで世代を問わず思い思いに浸っています。
本物の音楽体験を皆さんのもとに届けられているのを実感できるこのひと時に、ツアーをコーディネートしている僕としてもやりがいを感じる瞬間でもあります。

普段なかなか触れることのできない生の演奏に感激の声が沸き起こります。
ひろゆきおにいさんも思わずマイクを手に取りトーク全開!

相変わらずいい声だなぁ・・・。

終演後は、皆さんと一緒に記念撮影。
掛け声は「ずんだもちぃ~!」

旅では出会った皆さまとの触れ合いもとても大切なひと時です。
皆さん、またお会いしましょう!

こうして東北ツアー1日目のコンサートは無事終了。
最後にアーティストと司会で、はいっチーズ!
3件のコンサートを終えた後とは思えないこの笑顔。これがみんことのパワーの源ですね!

2日目もこの笑顔と熱いパフォーマンスとともに音楽を届けに行く”みんことアーティスト”でした♪

 

あとがき
みんなのことばアーティストのおねえさん・おにいさんたちの1日はいかがでしたでしょうか?
今回ご紹介したのは東北ツアーのとある1日。
東京では多くても同じ会場で1日1,2公演のコンサートですが、ツアーになると1日3,4公演が当たり前。しかも、バラバラの会場をすべて自分たちで車を運転して移動するため、コンサート以外でも大忙し!しかし、どんなに大変でも子どもたちの前では、変わらず100%のパフォーマンスを見せてくれるのが”みんことアーティスト”。
アーティストをサポートする立場の私もそんなアーティストの皆さんのパフォーマンスを間近で触れられて、もしかすると一番の贅沢なお客さんなのかもしれないですね。これからも”みんことアーティスト”の皆さんと、全国さまざまなところに「みんなのコンサート」をお届けしに行きます!

事務局長 福島 達朗

 

オーディションページに戻る