音楽家インターンシップ、はじめます

音楽家インターンシップ、はじめます。

インターンシップとは、学生が一定期間企業などの中で研修生として働き、 自分の将来に関連のある就業体験を行える制度です。
一般の就職活動の中では広く浸透している制度で、参加を希望する学生も年々増えています。

しかし、音楽家の世界にはプロになる前に実務を体験できる制度がありません。
大学では音楽だけを学び、卒業したらすぐにプロとして社会の荒波に飛び出していかなくてはいけないのです。

プロとして、より活躍できるようになるには?
本当に人の心に響く演奏ができているのか?
“社会人”として生きていくために必要なことは?
音大生が抱えている悩みは様々です。

そこで私たちは、「音楽家インターンシップ」を始めます!

音大生のみなさんへ

音楽で自分を表現したい…子どもたちに本物の音楽を届けたい… 真の『音楽家』とは何かを追求したい…
私たちは、そんな熱い想いを持った学生さんをお待ちしています。

社会の中で音楽家として生きていくこと それは現代においてとても厳しい苦難の道かもしれません。
しかし、表現者として自分を磨き 舞台人として仲間と呼吸を1つにパフォーマンスすることは 他では味わうことのできない喜びに溢れています。
私たち若いアーティストが さらに若い世代のアーティストを育てていくこと…それはもう1つの大きな使命だと考えています。
プロのアーティストたちと共に演奏し、現場を知ることは これから音楽社会で生きていくことの大きな糧となるでしょう。
そしてなにより、子どもたちが若くてフレッシュな『生きた音楽』を心待ちにしています!
あなたのご応募を、お待ちしています。

アートマネージャー・チェリスト 横溝宏幸

アートマネージャーからのご挨拶|NPOみんなのことば

募集要項

応募資格

  • 音楽大学または大学院の演奏家コース在学中の学生で、卒業後はプロの演奏家として活躍したい人
  • 東京都内またはその近郊で、NPOみんなのことばの活動に参加できる人 (月1~5回、主に平日の午前中)
  • NPOみんなのことばの想いや活動主旨に共感できる人
  • 演奏家として、表現することを実体験を通して学びたい人
  • 社会人としてのマナーを現場を通して学びたい人

現在募集している楽器

  • フルート
  • ヴァイオリン
  • ヴィオラ
  • チェロ

インターン参加までの流れ

  1. インターンを希望する方はメールで、
    お名前・生年月日・メールアドレス・携帯番号・楽器・大学名と学部名・学年・ご自宅の最寄り駅
    なぜインターンシップに参加したいかの理由をお送りください。
    送り先:hello#minkoto.org (#を@に変更してお送りください)
  2. 応募多数の場合はいただいたメールで選考の後、面接のご案内をいたします。
    実技テストがございますので、楽器をご持参ください。
  3. 面接・実技テストが合格の方は、実際のコンサートの見学にお越しいただきます。
  4. 研修およびリハーサルを経て、インターン参加基準を満たし、また本人の参加意思が確認できた場合、本番にご参加いただきます。

謝礼等の条件

インターンシップは、研修生として就業体験をしていただく制度です。
すべての活動に謝礼はお支払いいたしません。※交通費は全額支給します。

編成は、フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの四重奏です。
1回のコンサートにつき、1名のインターン生の参加が基本となります。

10回参加すると、フレンドアーティストに!

10回のコンサートに参加すると、インターンシップは修了となります。
その後は、在学中でもNPOみんなのことばのフレンドアーティストとして、活動に参加することができます。