活動ブログ

音楽の力!映画「ブラス!」

 

ブラス! ※クリックするとamazonの商品ページへリンクします

こんにちは!インターンの田野倉です。
突然ですが、みなさんは普段、ブラスバンドの演奏を聴くことはありますか?

「オーケストラの演奏は聴くけれど、ブラスバンドは…。」 という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな方にお勧めしたい映画があります。 今回ご紹介するイギリス映画、「ブラス!」です。

舞台は炭坑で栄えた町なのですが、 国家の政策によって、閉鎖されるかされないかの瀬戸際に立たされています。 そんな状況の中、坑夫たちによって結成されている歴史のあるブラスバンドも、 資金不足の問題などから、解散の危機に立たされてしまいます。

「人生には音楽よりも大切なものがある。」 と、職を失うかもしれないメンバーたちは、バンドを辞めようとし、 バンドを存続させたい指揮者ダニーと対立をしてしまいます。 その最中、病に犯されていたダニーは、ついに倒れてしまいます。 炭坑の閉鎖も決まり、坑夫たちは絶望的な気持ちになってしまいます。

しかし、そんな彼らを救ったのは、音楽でした。
確かに、町のブラスバンドは利益を生み出すことは出来ませんし、 彼らの失業をどうすることもできません。 けれど、ブラスバンドで、ダニーのために1つになって演奏することで、 お金や仕事よりも大切なものを取り戻します。

この映画では、オーケストラではなかなか見ることのできない、 ブラスバンドならではの楽器が登場します。 例えば、アルト・ホルンという楽器はご存じでしょうか。 外見はテューバを手ごろなサイズにしたような楽器で、 ホルンのようなやわらかい音色を出します。 その他に、フリューゲル・ホルンやユーフォニアムなど、 オーケストラではお目にかかれないような楽器が登場します。

監督はマーク・ハーマン、 ダニーを演じるのは、「インセプション」や「ジュラシック・パーク」などのハリウッドの大作から、 「ナイロビの蜂」のような重厚な人間ドラマまで、 幅広く出演したピート・ポスルウェイト、 また、「スターウォーズ」シリーズでおなじみのユアンマクレガーも出演しています。

映画の中では、「ボギー大佐」「フロレンティナマーチ」などの行進曲が流れます。 映画の1番最初に、勇ましい坑夫たちが仕事をしているシーンがあるのですが、 その様子が、力強い行進曲とマッチしていて、 最初の場面で映画の世界に引き込まれます。

「普段、オーケストラの演奏は聴くけど、ブラスバンドは…。」 という方も、この映画をきっかけにブラスバンドの世界にも 興味を持ってみませんか?

▼Facebookページではコメントを受け付けています!
ご感想や、お勧めの音楽映画をぜひ教えてください。
http://www.facebook.com/minkoto

もっと活動を知りたい!応援したい!そんな方は

▼ サポーターズクラブのご案内
http://www.minkoto.org/support/supportersclub/

メール会員(月0円)のほか、月額500円~のプランを用意しています。応援・参加をすることで、活動で生まれる感動や「ありがとう」を一緒に受け取っていただけます!